研究会の紹介

組織と運営

会は日本各地の約130名の会員で構成されています(2017年1月現在)。

会費を主な財源にして事務局、各事業の担当理事および各都道府県ごとの地区委員が中心となり事業が企画され、 全国の会員が調査研究と保護活動に携わっています。 また、主要事業には知識や技術を結集させたプロジェクトチームを結成して、イヌワシの保護に取り組んでいます。

役員の任期は2年で、自薦または会員からの推薦の後、改選年度末の総会にて承認されます。

2017年度・2018年度 役員構成

委員会・役割役職氏名
三役、事務局会長小澤 俊樹
副会長横山 隆一
須藤 明子
監事麻生 泉
事務局長島田 裕史
事務局次長宮原 徹
会計浜田 賢治
生息・繁殖状況調査委員会委員長高橋 誠
副委員長工藤 隆之
合同調査委員会委員長折内 耕一郎
副委員長沖 浩志
編集委員会委員長飯田 知彦
保護対策委員会委員長横山 隆一
副委員長須藤 明子
Webサイト管理管理者宮原 徹