トップ  >  ニュース  >  お知らせ  >  生息・繁殖状況調査報告の更新

生息・繁殖状況調査報告の更新

生息・繁殖状況調査は、全国のイヌワシの生息数や繁殖率など、その動向と状況を俯瞰してみるために必要な、日本イヌワシ研究会の重要な事業です。

また、同報告は、全国で活動する会員から提出される貴重なデータをもとに、生息・繁殖状況調査委員会のメンバーにより集計して報告されます。

全国から集められたデータは、過去のデータから必要時見直しを図り、また追加情報も発生する場合もあるため、同委員会において随時精査することとなります。

今回の更新については、2014年5月発行(同7月販売)の当会機関紙『Aquila chrysaetos No.25』の内容と符合するものとなります。すでに公表中であった報告と一部差異がありますが、イヌワシ保護に必要なより適正なデータとなるよう、今後も必要時更新してことをご理解いただきたく思います。