イヌワシについて

プロフィール

about_ge_00

学名Aquila chrysaetos japonica
英名Japanese Golden Eagle
和名ニホンイヌワシ(狗鷲、犬鷲)
生息地北海道、本州、四国、九州の島峭部を除く山岳地域
行動圏21-237平方キロ(平均 61平方キロ)
大きさ体長:75-85cm、翼開長:175-200cm、体重:3-5kg
食性ノウサギ、ヤマドリ、ヘビ、キツネ、テンなど
繁殖期2月頃産卵、通常2羽ふ化するがほとんどは1羽のみ5~6月頃に巣立つ

イヌワシは1950年代までは日本アルプスなど極く限られた場所にだけ生息するものと考えられていましたが、 近年の当研究会などの調査により日本各地に生息していることがわかってきました。

現在、日本におけるイヌワシの推定生息数は、 150~200ペア(推定未登録ペアを含む)と単独個体を合わせた約500羽と言われています。 しかも多くの生息地は近年の大規模な開発、森林伐採、単一樹種による大規模な植林などにより大きく変化してきています。 そのためイヌワシの食物となる動物であるノウサギやヤマドリの減少を招きました。 さらに密猟や環境汚染物質の影響などによって、イヌワシは絶滅の危機に追いつめられています。