蔵王に計画されている(仮称)川崎ウィンドファーム事業の中止を求める要望書

関西電力株式会社によって進められている標記事業の環境影響評価手続きは、現在配慮 書段階にあります。当会では、配慮書で示された事業計画地が、イヌワシの行動圏に含ま れていることを確認しています。すなわち、計画地は生物多様性 続きを読む →

「(仮称)川崎ウィンドファーム事業に係る計画段階環境配慮書」に対する意見

日本イヌワシ研究会は、関西電力株式会社が計画している(仮称)川崎ウィンドフ ァーム事業について、方法書の手続きに進むことなく、配慮書の段階で中止する ことを強く求めます。 提出日 2022年6月29日 提出先 関西電力株 続きを読む →

「(仮称)余呉南越前第一・第二ウィンドファーム発電事業 環境影響評価準備書」に対する意見

日本イヌワシ研究会は、 配慮書・方法書の意見に引き続き、(仮称)余呉南越前第一・第二ウィンドファーム発電事業に対して、「中止」を含む抜本的な見直しを求めます。 また、勉強会やシンポジウムの開催などを通じて、広く市民の意見 続きを読む →

岩泉有芸風力発電事業(仮称)におけるイヌワシの生息地保全を求める意見書

現在、岩手県北上高地に計画されている(仮称)岩泉有芸風力発電事業について、絶滅の危機にある日本のイヌワシの生息状況を一気に悪化させる可能性が高く、当研究会としては計画中止も含めて慎重に検討すべきであると考えています。 さ 続きを読む →

「立山黒部」世界ブランド化推進に対する意見書

当研究会では、現在、富山県が「立山黒部」世界ブランド化推進会議において審議中のプ ロジェクトのうち、「立山~弥陀ヶ原ロープウェイ」ならびに「アルペンルートの早期開業・ 冬季営業」が、当地を行動圏に持つ 続きを読む →

「(仮称)余呉南越前ウィンドファーム発電事業に係る計画段階環境配慮書」 に対する意見書

(仮称)余呉南越前ウィンドファーム発電事業の事業実施想定区域(以下、予定地)は、近傍に生息するイヌワシつがいの行動圏の内側に位置する可能性があります。また、予定地の周辺に生息するクマタカは10つがい以上と推測され 続きを読む →

滋賀県米原市および岐阜県不破郡関ヶ原町で計画中の (仮称)米原風力発電事業の中止を求める意見書

(仮称)米原風力発電事業計画は、周辺のイヌワシならびにクマタカの生息環境を著しく損なう可能性が高く、特にイヌワシについては西日本の地域絶滅を加速しかねないことから、事業者に対し配慮書段階で事業計画を中止するよう勧告するこ 続きを読む →

「岩手県一関市及び気仙郡住田町で計画中のウインドファーム建設事業」に対する意見書

当会では、本件該当の銀河(1)及び(2)ウインドファーム建設事業の計画地周辺に繁殖地を持つ、イヌワシの複数ペアの生息を確認しています。 2008年に起こったユーラス釜石広域ウインドファームでのイヌワシの風車への衝突事故死 続きを読む →

樋口広芳・岩手県北上高地における風発施設建設とイヌワシの保全(要望)

日頃より当会の活動にご賛同いただいている鳥類学者の樋口広芳氏(東京大学名誉教授/慶應義塾大学特任教授/日本鳥学会元会長)より、岩手県北上高地における風発事業に関する要望書が、関係機関に対し提出されました。 樋口氏より掲載 続きを読む →